アガーテのおねしょが何日も続き、アガーテはマチルダ夫人に怒られていた。しかし、マリアとトラップ男爵はあまり怒るのは逆効果だと言う。突然屋敷にやって来たイヴォンヌは子供と暮らすなら、乳母を雇って叱り役をさせて、自分は慰め役にまわると提案をするが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001