ある日の深夜、ルーシーが高い熱を出した。デイトン先生によれば、肺炎を起こしかけており、しかも容態はあまり良くないという。「許して」とうわ言を繰り返すルーシーを見て、ベンは、ラテン語の本の事をルーシーがずっと気にしていた事に気づいた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001