ルーシーは朝から気が重かった。苦手な学校に行かなくてはならないからだ。そんなルーシーの後を追って、リトルが学校についてきてしまう。ルーシーが算数の問題を間違えたりして先生に怒られる度に、リトルは先生に向かってほえるのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001