大統領選も佳境にさしかかり、グラント陣営は遊説先で資金確保に全力を注いでいた。その矢先、大統領グラントが州知事時代に公邸で"オキシコドン"という麻薬性鎮痛剤を使用していたという疑惑が浮上する。早速オリヴィアは、情報源の追及に動き出そうとするが、なんと副大統領候補のアンドリューが「裏ルートで入手した」と言い出す。その頃、グラントに「オリヴィアに近づくな」と言い渡された妻メリーは、アンドリューを横目に、14年前の悲劇を思い出していた。それはメリーが"自殺未遂"を犯した夜のことだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001