水面下で準備を進めていたサリーとレオは、ついに大統領選出馬を表明。激昂する大統領グラントは、選挙参謀となったオリヴィアの反対意見にも耳を貸さず、新たな副大統領候補を州知事時代の腹心で、現カリフォルニア州知事のアンドリュー・ニコルズと勝手に決定してしまう。そんなある日、サイラスから"B613"の司令官にジェイクが就任したことを聞いたオリヴィアは、すぐに父ローワンのもとへ向かうが、司令官を解雇された彼はグラントへの憎しみを露わにし"復讐"を宣言。そして「逃げろ、オリヴィア」と告げ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001