コールソンはスカイを救うため、ドクターの心の奥底の良心に訴えかける。ドクターはジャーインとの過去について話し始める。ジャーインは数十年に一度、人間の命を吸い取ることで生きながらえていた。かつては伝統を存続させるために長老たちが自ら生贄となっていたのだが、ホワイトホールに解剖されドクターに縫合されてからのジャーインは良心の呵責がなくなり、自ら生贄を求めるようになっていたのだ。ドクターがひとつの村を全滅させたのも、ジャーインに生贄を調達するためだった。ドクターはコールソンに「協力させてくれ」と懇願する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001