善なる魔法使いマーリニアンズの継承者を選ぶドラゴンの指輪
万人の中からただ一人選ばれたのは、物理オタクの大学生デイヴだった。

太古の昔から、人々の知らないところで激しい善VS悪の戦いが繰り広げられてきた。善なる魔法使いマーリンの後継者たちであるマーリニアンズと、世界の征服を企む邪悪な魔法使いモルガナが率いるモルガニアンズ。マーリンは、モルガナに襲われ、「"ドラゴンの指輪"が後継者を選ぶ」と言い残し、この世を去る。偉大なるマーリンの弟子でありマーリニアンズの第777代高指導者、バルサザールは、偉大なるマーリンの後継者を探すため千年も世界中を旅していた。そして、現代のニューヨークでついにその "選ばれし者"を発見する。それは、悪との戦いに立ち向かう勇者とは程遠い、気弱な物理オタクの大学生、デイヴだった。

片思いのベッキーとのデートさえままならない不器用なデイヴに、バルサザールはマーリンの後継者となるべき"選ばれし者"であることを告げるが、あまりの奇想天外さにデイヴは相手にしない。しかし、ある日、後継者の出現を恐れたモルガニアンズのホルヴァートに襲われ、しぶしぶバルサザールに従う。偉大な魔法使いマーリンの後継者を見つけた喜びと期待で、バルサザールは魔法の技と美学を叩きこもうとするが、デイヴはあまりにも後継者としての自覚に欠け練習に身が入らず、魔法の技はなかなか上達しなかった。

一方、ある事件により"魔法の監獄"にかけられた封印が解かれ、何千年もの間閉じ込められていた邪悪なモルガニアンズたちが現代に次々と甦ろうとしていた。急がねば!焦るバルサザールを嘲笑うかのように、現代のニューヨークを舞台に善VS悪の魔法大戦争の決戦の火蓋が切って落とされた!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001