FBIフィラデルフィア支局の女性捜査官ジル・モリスからロッシに連絡が入る。野心的な彼女はかねてからロッシのファンで、貸倉庫から発見された資料が性犯罪事件に関わると確信し、ロッシに捜査協力を依頼。資料は拷問に関する日誌などだったが、ロッシはBAUの最優先事件ではないと判断。しかし、ジルは証拠品の毛髪を見せ、ロッシを説得する。現場入りしたチームは、日誌にあった拷問方法が5年前の事件と一致することを突き止める。一方で、捜査を進めるうちにジルのスタンドプレーが目立ち始めていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001