アイダホ州ボイシにあるノースバレー高校で13人の犠牲者を出し、犯人自ら自爆して命を絶った乱射事件から10年経った。事件を追悼するイベントの初日、ギヴンズ校長が何者かに殺害された。当時の事件を担当したロッシとホッチは共犯者の存在を考えたが発見できなかった。しかし、今回の調査で学校襲撃犯ランディ・スレイドには共犯者がいて、"死のリスト"を作っていたことが判明した。BAUは共犯者を捜すため、生き残った同級生を集めて面接を行うことにした。あの日、学校の食堂で何が起こったのか。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001