NYで働くホッチナーの弟ショーンがトラブルに巻き込まれた。彼の目の前で目から血をふき出した女性が死亡した。ホッチナーが事件を調べたところ、すでに5人の女性がエクスタシーの過剰摂取で死亡とされていたが、その中には薬をやらない人間も含まれていた。大量殺人かもしれないと推測したBAUはNY入りする。捜査を進めるうち、今回のドラッグは既に国際市場に出始めたPMMA、通称"ドクター・デス"で、アメリカで確認されたのは初めてだということが分かり、ショーンも捜査に協力することに。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001