児童誘拐の解決のためBAUはセントルイスに向かった。重度のうつ病患者マーリーンは9歳の息子ボビーを実家の前に置き去りにしたが、ある男がボビーを誘拐し監禁した。男は「ママを助けたい?」とボビーに尋ね、彼がうなずくと、マーリーンを殺害した。男が次に誘拐したのは薬物依存の母親の息子、4歳のティモシーだった。だが母親が警察に保護されたことで標的を失った犯人はティモシーを解放した。BAUはティモシーの話から犯人は緊急通報のオペレーターであるというところまで突き止めたが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001