ロッシが旧友である大学教授に頼まれて、学部生向けの犯罪学の授業で講義をすることになった。BAUのチーム全員が応援に駆け付け、プロファイリングとは何かを語ることになった。今回の題材に選ばれたのは、1992年から2009年に渡り100人以上の女性が犠牲となったトーマス・イエーツの事件。いかに連続殺人犯が作られるかを考え、それが分かれば犯人を捕まえることができるとロッシは語り、時系列に事件のすべてが明かされていく。事件に関する驚愕の事実と、今もロッシが背負う十字架とは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001