なによりもステキなのは、
みんなで一緒に楽しむこと…。

お話のはじまりは、ある晴れた春の日―。ルーは朝からとってもごきげん。そう、今日は待ちに待った春のお祭り、イースター!ラビットの家でイースター・エッグを探して遊ぶのです。ところが"今日は大掃除の日"と言い出したラビットは、掃除の計画のことで頭がいっぱい…まるでイースターのことは忘れてしまったみたいに―。困ったプーさんたちが、ルーのために楽しい一日にしようと相談している頃、ルーはラビットの本当の気持ちを考えていました。ラビットの機嫌がなおり、みんな揃って楽しいイースターを迎えられるといいのですが…。
ほのぼのとした春の出来事を通して、"本当の思いやり"について大切なことを伝えてくれる、くまのプーさんの長編物語。新しいお友達との出会いの季節にぴったりの、プーさんと仲間たちからの優しいメッセージが、みんなの心に届きます。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001