人質のシャーロットをバラックに拘束しているロックの元へ向かったサイードとケイト。島から貨物船に移動する交換条件として提示されたシャーロットの解放を、ロックに説得するためだ。ところが、ロックは「自分は救助されたくない」と言い張り、頑なに協力を拒み続ける。また、フラッシュフォワードで描かれる未来のサイードは、優雅な暮らし振りの中で謎に満ちた行動を繰り返し、ベルリンである女性に近づく。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001