アジラ航空316便は上空で光に包まれ、視界を取り戻すと島に墜落寸前。ラピーダスが何とか滑走路を見つけ不時着に成功するが、副操縦士は事故死。ラピーダスが客室へ向かうと、サンやベンはいたがジャックたちの姿は消えていた。

ラピーダスは乗客に、すぐに助けは来るからみんな動くなと言うが、シーザーは近くに「ハイドラ基地」を発見しており、ラピーダスに対する不信感をむき出しにする。ベンはすぐに行動を開始、サンは後をつけるとベンは「ボートで本島に渡る」と言う。サンはジンを探すためについて行こうとするがラピーダスが追いかけてきて、考え直すように言う。ベンがラピーダスに桟橋の場所を言うとサンが櫂でベンの頭部を殴打。サンとラピーダスで本島に上陸しバラックを発見。だがバラックはすっかりさびれていた。その1つに明かりがつきクリスチャンが登場。「ジン・クォンはどこ」と聞くサンに77年のダーマの写真を見せる。そこにはジャックたちが写っていた。

77年の島。北の谷でソーヤーはジャックやケイトらと再会するが、一度家に戻って70年代の服をかき集め、ジュリエットのアイデアでジャックらをその日潜水艇で到着する新人らに紛れ込ませることに決定する。当日、新人を迎え入れる役目はエイミーだったが前日に出産したため、書類をジュリエットが預かって操作できるのだった。なお、エイミーとホレスの息子には「イーサン」と名付けられた。

ジンは飛行機が島に落ちたと聞きフレーム基地のラジンスキーの元へ。だがラジンスキーはそんなデータはないと言う。すると近くで「敵」の侵入警報。ジンが向かうとそれは手を縛られたサイードだった。二人が言葉を交わし始めるとすぐラジンスキーが来たのでジンもサイードにライフルを向け、サイードは身柄を拘束される。

その後、ソーヤーがフレームに来て、サイードに「敵だ」と認めさせるよう誘導。それからサイードをバラックの監視基地地下のオリに閉じ込める。ジャックらもサイードが捕まったことを知っており、その夜ジャックはソーヤーの家を訪ねて問いただそうとして、ソーヤーが今はジュリエットと住んでいることを知る。そしてソーヤーにもけんもほろろに追い返されるのだった。

サイードのオリをサンドイッチを持った少年が訪ねる。それは77年当時のベン少年だった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001