若い頃のベンがルソーからアレックスを奪った時のことが描かれる。ベンはウィドモアからルソーを殺すように言われて行ったのだが、赤ん坊がいるのに気づき、ベンは赤ん坊を取り上げルソーを殺さずに帰ってきたのだった。
やがてベンは大人になるとウィドモアを追放する。

島に戻る前、ベンはウィドモアに復讐を誓った通り、ロスのヨットハーバーでデズモンドを撃ち、ペネロピを殺そうとする。だがチャーリーがいることに気づき銃を下ろしかけると、後ろから肩を撃たれたデズモンドが殴りかかってくる。こうしてベンは飛行機に乗る前、ボコボコにされて海に落とされたのだった。

島で、目覚めるとロックに驚くベン。ロックに対しベンは「島に戻ったことを裁かれるために戻ってきた」と言う。ベンはシーザーと話してわざとロックに疑念を向けさせるようなことを言うが、そのときシーザーがショットガンを持っていることに気づく。後ほど、ロックが一緒に本島へ行くと言いだし、二人で船を用意しているとシーザーが止めに来る。ベンはショットガンでシーザーを吹き飛ばし、「謝罪だと思ってくれ」と言う。

本島へつくとロックはベンが裁かれたいのは島に戻ったからではなく娘を殺したからだと言う。バラックで元の家につくと、アレックスの部屋に明かりがつき人影が動いた。そこにはサンがいて、「クリスチャン」にそこでロックを待つように言われたのだと言う。サンとラピーダスは外のロックを見て驚く。

ラピーダスはサンに、一緒に飛行機へ戻るように言うがサンはジンに会える可能性があるなら戻らない、と言う。ラピーダスはハイドラ基地のある島へ戻る。ベンは裁かれるべく「モンスター」を呼ぶが煙はいっこうにこない。ロックが来ないなら行こうと言い出す。ベンは煙の出所を知らなかったが、ロックは知っているといい、先に立って歩き出す。サンはロックが生きていたことについて「ジャックがウソをついたのね」と言うがベンは「ウソじゃない」と言う。そして島は病気やケガは治せるが「死人は死人だ」と念を押す。

ロックが向かっていたのはテンプルだった。二人が地下へ潜っていき、床が抜けてベンだけがさらに地下の階層に落ちる。ロックが引き上げるものを探している途中、ベンは自分がまさに「神殿」にいることに気づく。黒い煙につつまれ、過去のアレックスとの思い出を回想させられた後、煙が引くとうしろにアレックスが立っていた。ベンはアレックスへの許しを請うと、アレックスはベンを罵倒しながら「今後はジョン・ロックに従うよう約束しろ」と言う。承諾するベン。

後ほどロックがつるを持ってやってくるとベンはロックに「僕は生かされた」と言うのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001