マイルズは少年のころから死者の声が聞こえる体質だった。
ティーンになったころアイデンティティに悩むマイルズは荒れていた。病気(おそらくガン)の母のもとに戻ってきてなぜ自分がこんななのか、なぜ自分に父親の話をしないのかと母に詰め寄る。母は「お父さんは私たちを追い出した、私たちを捨てた人でもう死んだ。絶対に行けないところにお墓がある」と言い残す。

その後、ナオミにスカウトされたマイルズは、ブラムに誘拐され、ウィドモアに協力しなければすべての答えを教えると言われるが、金をたかろうとして断られる。ブラムはマイルズに「間違った方のチームについたな」と言い捨てる。

島。ソーヤーはマイルズに監視テープの消去を頼むが、それができる前にホレスに頼まれ、ラジンスキーの工事現場で死体を託される。バラックへ持って帰ると今度はそれをオーキッドの建築現場のチャン博士に託すようにと言われる。そのバンにはハーリーが無理矢理同乗してきて、死体に気づく。マイルズはその死体が死んだのは、穴を掘っていたら歯の詰め物が外れて脳を突き抜けたからだと説明。ハーリーはマイルズが死人の声を聞けることに気づき、自分も話せると言う。マイルズは信用しない。

オーキッド基地につくとチャン博士がいろんな人をどやしつけており、ハーリーが「イヤなヤツ」と言うとマイルズは「そのイヤなヤツが俺のオヤジだ」と告白する。その後、チャン博士を乗せてラジンスキーのいる工事現場へ送るように言われる。そこではハッチのふたの刻印から、ハーリーが「あのハッチだ」と気づき、マイルズに説明する。

ハーリーは「帝国の逆襲」を例に出して、父親と話をすべきだと何度も言う。マイルズは家族を捨てた男への未練を断ち切ったはずだったが、実際、生後3ヶ月の自分に愛情を注ぐ父親を目撃すると涙するのだった。その直後、チャンがマイルズを誘って潜水艇の迎えに行く。その潜水艇で一度島を出て行ったファラデーがダーマの科学者として戻ってきたのだった。

ベンがいなくなったことに気づいたロジャーが慌てふためく。やけ酒を飲むロジャーをケイトが慰めようとして逆に怪しまれる。ジャックはロジャーをなだめて何とかホレスへの報告を先延ばしにさせる。
ソーヤーがようやく帰ってきて、ジャックからその話を聞く。その直後、フィルが訪ねてきて「ロジャーの誘拐犯はソーヤーだ」と、マイルズが消せなかったテープを見せる。ソーヤーは説明すると家に招き入れ、フィルを殴って気絶させるのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001