ファラデーは母に撃たれて死に、ジャック達も「他の者」に捕まる。エロイーズはファラデーのノートに自分の字があるのを見てジャック達に事情を聞く。ジャックは水爆を爆発させれば息子を殺さずに済むと言って説得。エロイーズはウィドモアの反対を押し切ってジャックとケイトを連れて水爆を隠したところ(ダーマの村の地下)に向かう。

現在の島。ロックがアルパートたちのところにサンとベンを連れてやってくる。サンはアルパートに写真を見せて夫を知っているかと聞くとアルパートは「彼らが全員 死ぬところを見た」と言う。だがロックはサンに軽く「信じない」と言ってみせる。別人のように力と確信にみなぎり、「島が教えてくれる」と予言めいたものまでしてみせるロックにアルパートやベンは怪訝な顔。アルパートとベンを連れてジャングルに出かけたロックは「今から3分後、小型機のそばに脚を撃たれた自分が現れるから」と言い、リチャードにその治療をして「島を出た皆を連れ戻せ」と伝えるよう指示する。

チャン博士はハーリーを問い詰め、彼らが未来から来たこと、マイルズが息子であることを確認。そして彼らの言うことが本当であると確信し、全島避難を指示。監視基地へ報告に行く。そこではソーヤーとジュリエットが身柄を拘束され、ソーヤーはケイトや「敵」の居場所を吐くようにとメチャクチャに殴られていた。ホレスは止めようとするが強硬派のラジンスキーにリーダーの座を乗っ取られ、最後にはフィルがジュリエットを殴る。ソーヤーはチャンが全島避難を指示したことを知り、他の者たちの居場所を教えるから自分たちも潜水艇に乗せるよう取引をする。

エロイーズたちは池のほとりへ。水爆は池の穴を潜ったところにあると言う。ケイトはジャックを止めるためにハーリーたちを迎えに行こうとその場を立ち去る。ケイトを撃とうとしたエロイーズの部下がサイードに撃たれて死亡。サイードはジャックに合流して地下に隠された水爆のところまでたどり着く。

潜水艇を見張っているマイルズたち。そこでマイルズは島を追い出されたというのは母の思い過ごしで実は父の愛情からだったことを知る。そこでソーヤーたちが乗り込むのを見る。ハーリーはソーヤーを信じていた。ソーヤーたちは仲間を捨て、アメリカ本土へ戻ったら二人で幸せになろうと夢見ていた。しかし遅れて連行され、潜水艇に乗り込んできたケイトの顔を見てつかの間の幸せムードは吹っ飛ぶ。

撃たれた自分を助けさせたロックは、キャンプへ戻るとすぐにジェイコブのところに出発するべくみんなの前で演説をぶつ。人々はロックを歓迎する雰囲気だがアルパートだけはロックを面倒の種だと感じていた。ベンはそれをロックに告げ口して自分が介入する突破口を探そうとするが、ロックがジェイコブに会う目的が、仲間を連れ戻すことではなくジェイコブを殺すことだと知り愕然とするのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001