[父]ブラッド・ピット×[子]ショーン・ペン
父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった。

圧倒的な力強さと独創性にあふれた問題作として全世界で話題となり、第64回カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)に輝いた、孤高の映像作家テレンス・マリックの最高傑作。1950年代のアメリカ・テキサスを舞台に、3人兄弟と厳格な父親との関わり合いを軸に、家族の姿と生命の連鎖が、美しい映像と音楽で紡がれていく。「力こそが成功の道」だと信じる強権的な父親役をブラッド・ピットが、成人し父親との確執の意味をたどる息子ジャックをショーン・ペンが演じ、共に繊細な表現力を発揮している。『天国の日々』『シン・レッド・ライン』を世に送り出す一方で、寡作で知られるマリック監督が、何気ない家族の風景と、天地創造を思わせる詩的な映像を通して、自然と共に繰り返す生と死の繋がりを鮮烈に描き出した。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001