ある晩、悪夢にうなされたオーウェンに首を絞められ目を覚ましたクリスティーナ。過去のトラウマに悩むオーウェンを一時は許すものの、その後クリスティーナは彼の横では一睡も出来なくなってしまう。一方、転移性メラノーマと診断されたイジーには、複数のオペと治療が組まれ、心配と不安にかられるアレックスたちはイジーの病室を避けるように。以前からイジーの異変に気付いていたジョージも、イジーがなぜ自分には打ち明けてくれなかったのかと傷つく。そんな彼らに対し、ベイリーは"友人として力になれ"と一喝する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001