手の震えを抱えたまま復帰したバークと、それを知りながら隠していたクリスティーナ。ベイリーはウェーバー部長に2人を処罰すべきだと強く訴えるが、部長はバークの手を回復させることを優先させ、デレクに手術を打診。しかしバークがその提案を断ったことから、デレクは自分の腕に対する自信を失ってしまう。ジョージが父ハロルドの手術を巡って更に意固地になる一方で、メレディスには家族とは何かを考えさせられる出来事が起こる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001