外科部長を引退し、家庭に戻ると決心したウェーバー部長。しかし妻アデルは彼の決断を喜ぶどころか、意外な反応を示す。一方シアトル・グレース病院では、早くも外科部長ポストの後任を巡って、デレク、バーク、アディソン、マークの4人が闘争心をむき出しにしたバトルを開始。父親を亡くしたジョージは、悲しみを癒すためセックス・マシーンと化し、昼夜を問わず求められるカリーは疲労困憊に。一方、若くして家でをした少女が、子宮頸ガンを患い、すでに手遅れだということを知ったベイリーは、病院内に無料クリニックを開設する決意を固める。またクリスティーナに対し口を閉ざしていたバークは、長い沈黙を破り驚くべき言葉を口にする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001