長年デートの誘いを断り続けてきたデールと、やっと出かける気になったデリア。楽しい時間を過ごすものの、食事やドライブの途中に次々と奇妙なハプニングが起こり、散々なデートに。その間ネッドと留守番をすることになったメリンダは、デリアの家で気味の悪い霊の気配を感じる。数日後、アンティーク店でデリアの亡き夫チャーリーの霊を見たメリンダは、彼がまだデリアとネッドに想いを残し、彼女らを守ろうとしていることに気付く。それまで自分が霊と話せることをデリアに打ち明けられずにいたメリンダに、ジムは話す時が来たのではないかと言う。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001