ある夜、誰かに見られている気味の悪い感覚に襲われていたメリンダの前に、突然現れたピエロの霊。不気味に思いながらも助けようと努めるメリンダに、霊は自分が誰なのか分からないと訴える。店から家に持ち帰った物に憑いた霊だと考え、そこから霊その正体が私立探偵のチャーリーだと割り出したメリンダ。更に後日、メリンダの店にチャーリーの遺品を捜しに現れたシェリーの身辺を探っていくと、意外な事実が。一方、エイデンは目に見えない何かに見られていると怯えることが多くなり、メリンダは不安を募らせる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001