エイデンが監視人のカールとチェスで遊ぶことが多くなり、不安を抱くメリンダ。そんな時、恋人と暮らすために亡くなった父の収集品を店に売りに来たゲールが、メリンダにある相談を持ちかける。ゲールは恋人カイルとの同棲を反対していた父が、安らかに眠れていないのではと案じていた。メリンダはいつものようにゲールの力になろうとするが、次第に現実によく似た幻視を見るなど、激しく混乱するように。ネッドは"影"がメリンダの頭の中に入ってきていると推測。そんな時、カイルとそっくりな霊が現れ、ある衝撃的な言葉を口にする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001