発売間近の料理本をブリーからプレゼントされたスーザンたちは、ブリーの活躍を喜ぶフリをしながら、内心穏やかではない。特に本の広告プランを見せられたリネットは、広告代理店で敏腕を振るっていたキャリアウーマン時代の血が騒ぎ出す。ガブリエルは母親同士で子供たちを預け合う"お遊び会"を利用して、カルロスと夫婦の時間を楽しもうと画策。一方イーディは、ウィステリア通りに安く売りに出た家を投資目的で購入しようと言い出す。はじめは難色を示すデイヴだが、その家をマイクに貸し出すことを思いつき、考えを一転させる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001