ブリーを窮地から救った日から、同居して全面的にブリーを支えるオーソン。今頼りになるのは彼だけだと感じたブリーは、アレハンドロ殺害隠ぺいについて、すべてを彼に打ち明ける。幻滅されるかと思いきや、オーソンはブリーに責任を押し付けた仲間たちを罵り、自分だけがブリーの味方だと断言する。一方、トムとの別居にも慣れ、自分の時間を満喫しはじめたリネットの元へ、双子のポーターとプレストンが戻って来る。下宿先の大家に追い出されたと言うが、2人が戻って来た理由は、ジュリーの妊娠に関連があり…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001