ウィステリア通りの便利屋で、誰もが頼りにしていたイーライ・スクラッグスが亡くなり、住人たちはそれぞれにイーライがこれまで自分の人生にどのように関わっていたかを思い起こす。都会から越して来たばかりで郊外の生活に馴染めなかったガブリエル、子育てに苛立つリネット、男運の悪さに落ち込んでばかりのスーザン、そしてあのメアリー・アリスでさえも、心優しいイーライに慰められていたのだった。中でもブリーは、イーライのある小さな一言がその後の人生の大きな支えになったことを思い出す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001