イーディの死をきっかけに、彼女の存在の大きさを改めて実感するスーザンたち。イーディの遺灰を息子トラヴァースのところへ届けるため車の旅に出た一行は、それぞれにイーディとの思い出を語りはじめる。スーザンは引っ越してきたばかりのイーディと初めて会った時のことを、リネットは辛い化学療法をイーディのおかげで乗り越えた思い出を、ガブリエルは一緒に夜遊びをした日の記憶を、そしてブリーはオーソンに対する自分の態度を改めさせてくれたイーディを、それぞれに思い出す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001