オーソンが出て行き、自己嫌悪に陥っていたブリーは、家の内装を一新することを決意。ところが内装業者のキースは年下のイケメンで、ブリーは自分とは不釣合いだと思いつつも、彼に心をときめかせてしまう。一方、アラスカへ出稼ぎに行くと言い出したマイクを引き止めたい一心で、スーザンはアパートの大家から紹介された秘密の内職をはじめることに。また、体調不良を訴えるトムの話をまともに聞こうとしないリネットは、レネから耳の痛い忠告を受ける。そんなある日、ウィステリア通りにまた一人、沢山の荷物を抱えた若い女性が現れる―。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001