チャックの仇を取ることに執拗なこだわりを見せるマーフィーから、決定的な証拠を突きつけられたブリー。ボブに紹介された敏腕弁護士のトリップを雇うことになるが、検察側はブリーが毎晩のようにバーで泥酔し、違う男を自宅へ連れ込んでいた過去を問題視する。弁護するためには性遍歴まですべて話してくれないと困るとトリップから迫られ、ブリーは少しずつ彼と向き合うようになる。同じ頃、レネは結婚式を目前に雲隠れしたベンに溜まった怒りをぶつけるが、彼から何も話さないのはレネを守るためだと説明される。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001