激しい雷雨の晩、悪夢にうなされて目を覚ましたカイルは、夢に現れた黒っぽいフードを被った眼鏡の男の絵を描いてニコールに見せ、これは失われた記憶の一部ではないかと話す。一方、スティーヴンは、侵入事件やカイルの夢の話が気になって、警備会社のトムにカイルが描いた男の絵を渡す。しかし、その後トムは誰かに電話で"問題発生"を告げていた。トムの正体は果たして…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001