両親の希望に背き、SCID患者のブレイデンにHIVをウイルスベクターとして幹細胞移植を行ったベイリー。治療は成功し、ブレイデンは無菌室を出られるまでに回復するが、その事実を知った両親はベイリーを訴えると言い出す。同じ頃オーウェンは、心臓外科チーフの面接をクリスティーナに任せる。適任者がいないと嘆くクリスティーナを見たメレディスは、オーウェンはクリスティーナをチーフにしてここに残すつもりなのだと指摘。クリスティーナは、2人が自分を引き留めようとしていると感じるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001