脳と心臓に重篤な病変が見られる感染症患者の治療を巡ってデレクとマギーが対立。意見を求められたメレディスはマギーの治療方針を支持する。だが、同じくコンサルを依頼されたリチャードはデレクを支持。対立が続く中、デレクは大統領の特別補佐官から、ワシントンD.C.での仕事を引き受けて欲しいと改めて頼まれる。同じ頃、ハントとカリーによってロボット義足の被験者に選ばれた青年が、義足のテスト中に転倒して昏睡状態に陥ってしまう。責任を感じたカリーは、プロジェクトから降りたいとオーウェンに申し出る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001