お腹の子が子宮内骨折を起こす可能性もあると知ったエイプリルは、陣痛誘発剤を使って中絶することを決意。だが、手術直前に赤ん坊の死亡証明書に署名することを求められた彼女は、中絶を拒否して病室から飛び出してしまう。一方、ベイリーとカリーは首を撃たれて緊急搬送されてきた女性ブレンダの治療を担当することに。ところが、検査結果を待たずに緊急オペを始めようとしたその時、突然ブレンダが腹痛を訴え始める。なんと彼女は妊娠しており、今にも赤ん坊が産まれそうな状態であることに気づいたベイリーは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001