1890年、まだらの野生馬、ヒダルゴとカウボーイのフランク(ヴィゴ・モーテンセン)は、西部を舞台に繰り広げられるクロスカントリー・レースで無敗を誇っていた。しかし、スー族虐殺を目の当たりにしたフランクは自責の念から酒に溺れる暮らしへと転落してしまう。そんなある日、彼の元にアラブの族長シーク(オマー・シャリフ)の使いが現れ、シークが主宰するレースでアラビア馬と対決するよう迫る。それは、名誉と死が隣り合わせの偉大なるレース<オーシャン・オブ・ファイヤー/炎の海>であった。この千年の歴史を誇るレースに参加する資格を持つのは、王の血族と高貴な血筋を持つアラビア馬のみ…。その史上初の"例外"となるフランクとヒダルゴの行く手に待ち受けるのは、オアシスひとつない《死の砂漠》=ルブアルハリ、一瞬にして町を消滅させる《砂の悪魔》=ジニス、《毒の母》を意味する流砂地獄=ウムアルサミム、そして、猛威を振るう大自然よりも恐ろしい、人間の邪悪な野望だった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001