ベイリーによる患者への配慮を学び直す研修から始まった1日。その矢先にERに運ばれてきたのは体重が300キロを超える巨漢のボビー。研修で教わった内容を実践せよというベイリーの指示とは裏腹に、レジデントたちは不謹慎な態度や発言を抑えられない。更に、元患者の夫から不法死亡訴訟を起こされたデレクは、裁判を恐れるあまり、リスクの高いボビーのオペに二の足を踏む。一方、ボビーを"デブ"呼ばわりしたとして担当を外されたクリスティーナは、心臓発作を起こした患者の娘ケリーの子守を命じられる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001