流産したメレディスは、産婦人科で"攻撃的な子宮"が原因だと言われ大ショック。そんな時、母親譲りのハンチング病を患ったライラを担当し、自分も遺伝子検査を受けることを考えはじめる。一方クリスティーナとオーウェンは新居探しをはじめるが、元消防署だという物件に興味を示すオーウェンとは裏腹に、クリスティーナのテンションはまったく上がらない。そんなクリスティーナは、ベイリーから腸閉塞になった生物学者のフィンクという患者を任される。なんとフィンクは実験のため自らの体内で寄生虫を飼っていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001