外科部長の後任に任命され、緊張の面持ちで初日を迎えるデレク。マーシー・ウェスト出身のスタッフの間には、自分たちの立場がより不利になるのではという動揺が広がる。デレクに裏切られたことを許せないリチャードは、理事会の早期退職案にも、デレクが勧める断酒のリハビリ施設行きにも同意しない。そんな中、ベイリーが執刀したオペ中に患者の麻酔が切れるという事故が発生。ショックを受けた患者のレスリーは、その後ベイリーが体に触れることさえ拒否し、術後出血の修復オペにレジデントのメレディスを指名する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001