臓器を覆う巨大な腫瘍を持つ患者オードリーが手術に挑むことになった。担当はオーウェンだが、ハーパー・エイヴリー賞を意識するリチャードが自分にやらせてくれと名乗りを上げたため、デレクは2人にそれぞれのプランを提出させることに。オーウェンに情報を流すためリチャードの助手になったクリスティーナは、結局2人の板ばさみになってしまう。テディは心臓が腎臓の横にずれてしまった患者に勧めたインプラント手術をきっかけに、マークと急接近。恋愛に弱腰になっていたマークだが、テディを新たな目で見るようになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001