核弾頭の奪回に向かう途中、シドニーらは武装グループPRFの奇襲攻撃を受けるが、ジャックの作戦によってその場を逃れた。PRFの施設内に侵入した3人は、それぞれが手分けをして核弾頭を探す。ところが、核弾頭を見つけたシドニーとジャックの前に、デレフコがPRFのリーダー、キュヴェを伴って現れた。ヴォーンは、PRFに核弾頭が渡ったことを知ったインド政府が先制空爆を決定したことを受け、単独で救出に向かう。一方スローンは、エミリーに関する脅迫電話の件をアライアンスに報告。要求に従い債券を用意し追跡装置をつけて追うが、失敗する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001