ウィルがCIAの通信システムから不正に情報を漏えいした証拠が挙がった。その上、ヘリックス計画によってコピーされたスパイである可能性が浮上し、拘束される。ウィルの嫌疑を晴らすため、シドニーはコピー実験に使われたDNAデータを入手しようとマルセイユのサーバー・ファームに侵入するが、そこでデレフコに出くわす。先回りしてデータを入手したデレフコは、シドニーに取引をもちかけた後、姿を消した。一方、突然ジャックの前に現れたスローンは、もう一度手を組みたいと申し出る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001