デレフコがCIAに提供した情報によってウィルへの疑いは晴れ、放免された。再びシドニーの前に現れたデレフコは、NSAが保管していたランバルディの作品をスローンが襲撃して奪い、チューリヒの倉庫に保管していると告げる。CIAは回収に向かったが、これらは全て偽物だった。事態を重く見たCIAは、ディ・レーニョの心臓をベンチュラの海軍基地へ移すことを決めるが、この移送中にジャックが襲撃される。すべてを手に入れたスローンは、遂に装置を完成させた。一方、自宅に戻ったウィルは、プロヴァシリウムを見つけ、フランシーに対し疑惑の念を抱く。この後シドニーは恐ろしく長い空白の時を迎えることになる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001