コルサントに到着したファイブスは、ナラ・セに薬物を注射されながらも、パルパティーン最高議長と話す機会を得る。タップの異常行動は抑制チップが原因だと訴えるが、そこでもナラ・セは「攻撃的な行動をさせないため」と従来の主張を繰り返し、水掛け論に。するとパルパティーンは、ナラ・セとシャアク・ティ抜きでファイブスと話したいと言い出す。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001