駐車場で発見されたキャスリンは病院に搬送されると、失踪中の記憶を取り戻していく。地下室に監禁され、薬が混入された食事を摂っていたというキャスリンの証言を基に、エマは犯人の捜査を進めていく。一方、ゴールドは店の事務所を物色していたオーガストに不信感を抱き、正体を探ろうと彼の自宅へ侵入。やがて、机に置かれた自分しか知るはずもない"短剣"の絵を目にしたゴールドは愕然とする。その後、オーガストの尾行を始めた彼は、修道院で"ある衝撃の事実"を耳にする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001