死亡した第一容疑者のブロンソンに誘拐された際、キャッスルは知らぬ間に猛毒を吸い込んでいた。余命は一日。ベケットは真犯人を見つけ「解毒剤を手に入れる」とキャッスルを励ますが、捜査が難航していることを察した彼はブロンソンが残した謎の言葉"ドリームワールド"について語り始める。早速、調査に動き出したFBIは、かつて国家安全の理由で差し止めとなった『ドリームワールドの真実』という記事を発見。担当記者のパーカーに情報源を全て明かすよう迫るベケットは、そこで"国家を揺るがす真実"に直面する。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001