高級住宅地に住む女子高生のマディソンが、自室で何者かに殺害された。天井の梁に血が飛び散っていることから、検視官のラニは犯人が彼女を投げ飛ばした可能性があると考え、「恐らくその際の頭蓋骨内損傷が致命傷」と死因を断定。キャッスルは思わず「犯人は怒れるハルク」と口にするが、マディソンの母は怪力の男に心当たりがあるという。それは、マディソンにフラれ、恨みを持っていた元恋人のライリーだった。ところが、ライリーを訪ねて学校に向かったベケットたちは、そこで想像を絶する超常現象の映像を見せられる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001