高級ドレスに身を包んだ日本人女性の遺体が、早朝の路地で発見された。胸に刺し傷と思われる痕があったが、検視官は刺されたのではなく「これは飛んできたナイフによる傷だ」と言い、左前下行技の切断による即死だったことがわかる。所持していたパスポートと携帯電話から、被害者はバレエダンサーのジェイド・ヤマタと判明。また、遺体の横からは廃工場の鍵が見つかった。間もなくして、不気味な廃工場に足を踏み入れたベケットとキャッスル。すると、怪しい気配を感じたキャッスルの前に、突然"忍者"が姿を現した!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001