スタンリー(シャイア・ラブーフ)は、一族にかけられた呪いのために、悪運に悩まされていた。ある日、スタンリーは靴泥棒の汚名をきせられ、青少年犯罪者の矯正施設グリーン・レイク・キャンプで18ケ月服役することになってしまう。グリーン・レイク・キャンプは「レイク=湖」とは名ばかりの砂漠だった。環境は劣悪、脱走しても生き残る見込みはない過酷な環境だった。施設を運営するのは謎の女所長(シガーニー・ウィーバー)と一癖あるミスター・サー(ジョン・ボイト)、そしてカウンセラーのドクター・ペンダンスキー(ティム・ブレイク・ネルソン)の三人だった。彼らは、少年たちに1日1個、大きな穴を掘らせた。少年たちは朝暗いうちから出かけ、毎日毎日干上がった湖の底を掘リ続けるのだった。人格形成のためとミスター・サーは言うが、そこに所長の大いなる野望があることは誰も知らなかった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001