シドニーの家に滞在していたソフィアがリスボンへ帰った。しかしその後、ナディアのパソコンが操作され、プレゼントされたペンダントには盗聴器が仕掛けられていたことが判明。なんとソフィアは、エレーナ・デレフコ本人だったのだ。更にランバルディの作品をも盗み出した彼女を、APOは全力で追跡する。また、ナディアの存在がランバルディの予言に深く関わっていることも明らかになる。そして、銃弾に倒れたディクソンの口から、シドニーとナディアに驚くべき事実が伝えられる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001